トイレの手洗いカウンターです。

一昨日の日曜日は、久しぶりのお天気でした。

トップライトから降り注ぐ光がとても眩しい。 IMG_0016

この洗面陶器は、サンワカンパニーのエリッセコッコといいます。 以下、サンワカンパニーさんの紹介文をコピーします。

このエリッセコッコは”次世代洗面ボウル”として昨年末にデビューした商品で、陶器素材を使わずに開発しました。
洗面ボウルはセラミック(陶器製)がほとんどです。陶器は生産過程において窯に入れて高い温度で焼き上げる為、大量のCO2を排出します。
エリッセコッコはレジンコンクリートという素材をベースにゲルコート樹脂+ガラス繊維でコーティングした、生産過程においてCO2を一切排出しない商品です。レジンコンクリートはもともと土木のトンネルや擁壁素材に使われており、非常に強度のある素材です。その堅牢な素材をベースに人工大理石とほぼ同じ強度(鉛筆硬度H6)を持つゲルコート樹脂で構成しています。

IMG_0017

ellisse-photo03

 

も一つおもしろい機能として以下のようにも紹介しています。 

洗面所における事故で圧倒的に多いのが、指輪やコンタクトレンズを流してしまうことです。そのような事故を防ぐ為に大抵はヘアーキャッチャーがついていますが、エリッセコッコはキッチン用の排水トラップを組み込みました。

この意味は当然そういった事故を未然に防ぐだけでなく、日々のお手入も考慮しています。通常のトラップはカゴ状の小さなヘアーキャッチャーがついているだけなので、女性の長い髪の毛であればすぐに詰まってしまいます。キッチン用トラップであればそういった問題もなく、また市販で売られているネットをステンレスカゴに取り付けておけばお掃除も簡単です。 ということで、ご興味のある方は是非参考なさってください。