HZpEݔAfUC

オリジナル家具をご覧下さい

仕事が少し暇になったときに練習もかねてオリジナルの家具を開発する時があります。

栃木県にはマロニエデザイン賞というのがあって、幾つかその賞を頂いています。
この中ではゾウさんデスクセットと右下の間仕切り家具が頂いています。

ゾウさんデスクセットは、実施設計での側面図をシルエットにすると結構可愛らしかったので一時期弊社のシンボルマークにしていました。

間仕切り家具は、運送面も考えワンタッチ式の組立式で、両面使いの機能を有し、その機能を司る幾つかのボックスが、様々な表情を作れるという多機能収納&飾り棚&間仕切り家具になっています。

アームチェアはクルミの木で製作。デスクは欅の杢目、所謂銘木柄で製作していて、一品ものとしては最高級の材量であり、それに見合った仕口で製作しています。

和食屋さんのリフォーム

食堂うめ野様の看板空間だったカウンター席のリフォームです。
リフォーム前はこんな感じ

次世代に繋ぐためのリフォームです。

お客様の形態に合わせた3種の客席に作り替えました。

一人でもゆったりと食事の出来るカウンター席

ご家族でお越しの為の3つの4人席ブース

10人程度までのお客様に楽しんで頂くための準個室

 

シーンに合わせてご利用下さい。

和食屋さんですが、テイストは素材で和を表したつもり。
手に触れるところは全て無垢材
全て弊社の材料を利用しています。厚さ60mmのほぼ一枚板の欅材をお楽しみ下さい。

全てのテーブルでガスコンセントを設置してます。
寒い季節のふぐナベ最高です。

チーク材で製作したアイランドキッチン

チーク材は船舶のデッキ材として採用されるほど水に強い材料です。
でも、一次材として、つまり、板材としては輸入できないため非常に希少価値となってしまいました。今あるチーク材は輸入禁止前に仕入れたものです。

ただし、今回のキッチンではお客様持ち込みの材料です。

そのチーク材をふんだんに使ったアイランドキッチンです。
天板の幅は1メートルあります。これを5枚剥ぎで一つの天板にしています。
反り止めは、アルミの特殊材でわざわざドイツから輸入したものを使用しました。

両面とも抽斗仕様です。四方枠組で鏡板を3mmほど突出させて色気を出しています。

水の仕様を鑑み、あえてウレタン塗装をして呼吸を止めています。

実は、ホントのキッチンは後ろ右側のドアの奥にあります。

要は、おもてなし用のキッチンということですね。

 

 

和室をリフォームして読書室に!

一般的な和室を読書室としてリフォーム。

リフォーム前でもとても素敵な和室でしたが、暮らしの実情に合ったお部屋にしたいという事で依頼を受けました。

リフォームして押入側は奥に単行本用の本棚、手前はCDレコード用のオープン棚。と二重構造にしてとにかく所蔵できる単行本の量を増やすことに主眼を置きました。
45センチの奥行き床の間部分は2連の文庫本用本棚。

イメージは、昨年開店のお手伝いをしたコパンさん。コパン風にして下さいとのご要望でこんな感じになりました。

で、書籍とCDが納まった図。完成の図はこんな感じです。

お部屋の改装も致します。

お気軽にご相談下さいね。

ダイニングテーブル製作中

75mmのチーク無垢を2枚剥ぎして4メートル×1.2メートルのダイニングテーブルを製作中。

よく見ると縦方向に8mmほどの捻れと反りが有りそれらを強制してまっすぐにする必要があります。そこで弊社の新兵器が威力を発揮するのでした。

太平洋戦争時に飛行機の材料であるジュラルミンを削る機械を木工用に改造した弊社の秘密兵器です。ウチの手作り職人よろしく恐ろしくマニュファクチャリングな機械です。

それでも、人の手でカンナであくせくやるよりは、遙かに楽に早く正確にできる機会なのでした。材に当てる刃物の深さやスピードの強弱などそれなりに熟練の必要な機械です。ちなみに、世界でウチにしかない機械です。

でも、技術は進化しているのも事実です。先端の機械があります。材を上と下と挟み込み高周波を当ててまっすぐ矯正してしまう機械があります。これだと、削る必要がないのでそのままの厚さを損なうことなく材を活かすことができるのです。ものすごく高価ですが、まさに時代は変わっているわけです。

でも、50万で買ったウチの機械は、肌触り、ぬくもりを感じることができる愛着ある機械なのでした。

石垣張りをご存じ?

石垣張りをご存じ?

千鳥張りとも言うそうな。

これは障子は、金沢兼六園内にある時雨亭の障子です。

栃木だと田母沢御用邸で見られますよ。

2年前に建築士会の全国大会で金沢が印象的だったので、嫁さん連れてゴールデンウィークの代休として行ったのはイイけど、カメラに収めるのは造作物や素材のディテイルの写真ばかりでした。

時雨亭の天井は丁寧に作られた竿縁天井ですが、両端に10センチほどのスリットがあり、そこから涼しい風が!材の収縮を考えたら結構難しい細工をしているのかなぁ〜と興味が尽きませんでした。