25年間待ち続けた期待に応えられるだろうか

杢理の綺麗な楓です。

全て厚みが50mmの板材。依頼のものを制作するには、この板材を真っ二つにして20mmにする必要があります。
でも、ネジレやら反りやらでもすこし薄くなることを覚悟する必要がありそうです。

25年、これを作ってくれる業者を探し続けていたそうな。

挽き直しをするには、あまりに薄い材。製材期の爪に引っかからないので、爪掛け用の部材をボンドで仮止めして挽き直しを行いました。こんなノウハウを持っている木工所も今では少なくなってしまったとのこと。

さぁ〜て、挽き直しが終わればまた、少し乾燥期間にあてる。
本当は、使用する部屋に運び込み、その部屋の環境に馴染ませたいのだが、お願いしても、それはかないませんでした。

これが何になるか、今はまだ言えません。

たかだか箱を作るだけなのに、こんなに緊張したことはないのでした。

果たして、25年間待ち続けた期待に応えられるだろうか。