I[_[ƋE

その時どうする

欅のテーブルを作っているところです。3メートル×1.2メートルの大きさです。厚みは53mm程度でしょうか。

三枚の板を剥ぐところです。表面を削ったところから早くも変形が始まります。

微妙なずれや狂いをとりながら一枚の板に仕上げていきます。

少し割れが入っています。こんな時には、契りを入れてそれ以上の割れを防ぎます。

無垢材を扱うときはトラブルがつきものです。

相田みつをの言葉。

『その時どうする』私たちはいつもこの言葉を突き付けられているのでした!

作りかけいろいろ

今回は、作りかけのいろいろをご紹介します。

アール型のキッチン
外からアールに見えても、内側は、引出など機能させなければならないので60センチをモデュールにして7つの箱を合体させて作っています。その構造がわかる写真です。

アイランドキッチン製作風景03

長火鉢
長火鉢に使用する材は欅です。それ以外の材で製作されている長火鉢は見たことがありません。ここで使用している材は、厚さ18mmのもので内側で使用している材は桐です。

枠組の引き戸
後ろに見える建具を改造するための部品として使用します。

仕上がると下のようになります。

 

インテリアエレメントの特注屋!

自社工場で作る物は、お客様色で様々に変わります。

インテリアに据えるものなら何でも作るのでした。

例えば、ハウスメーカー様の展示住宅家具

無垢材のテーブル

オーダーでキッチン

アールのキッチンだってやっちゃいます!無ければアールのシンクだって作るので〜す。

アイランドキッチン製作風景

神棚だって

中に入るお社だって

ダイニングテールももちろん

お店だって

幼稚園のお手洗い場だって作ります。

ヘアサロンだって

吹抜にそびえる楕円型の本棚だって

下駄箱も

カーテンもね!

ソウソウ、炬燵の注文も!これ、1メートル×2.7メートルの炬燵なのです。

で、最後に建具もやるよ