I[_[ƋE

多目的用途のデスク

奥様でも、ご主人でも、お子様でも、その時の気分で使えるようにと作ったデスクです。

Desk-1

デスクというより大きめの棚みたいな感じ。オークの節付材を4枚剥ぎにし、チーク色のオイルを塗布しました。

Desk-2

最近のちまたの傾向は、無垢材にオイルは塗らずウレタン塗装が主流になりつつあります。結局、メーカーサイドやお客様の方で後のメインテナンスの面倒さに対応しきれないという理由のようです。

Desk-3

無垢材は、現代の高気密高断熱の住宅では、異常乾燥による割れが生じ、オイル仕上げをすると和染みや、色落ちなど様々な問題が出てきます。

これらに、温かい気持ちで木を育てていく気持ちを持ち、長い目で見ていく必要があります。でも、結局は、実際に納まり半年や一年後に出てくる日々の問題にその都度クレームが来て対応に追われる日々が重なりメーカーサイドもウレタンの方が手間がかからず済むという観点からそのような方向になっているようです。

もちろん、そのような問題が生じないよう作るのがプロの仕事なのですが、イメージを優先する昨今では、技術が追いつかない、経験が追いつかないなどの壁を乗り越える必要性があります。

一つ一つの仕事の要求レベルをしっかり把握して、問題の予測を十分説明できるよう心がけていきたいと思います。

 

秘密兵器導入検討を開始しました!

今日は、久しぶりにテクノドゥールズさんに来て頂き、塗装環境改善のためにあると創刊早期についてのデモンストレーションを行って頂きました。

Promo-1

冬は特にですが、塗装を良くするための一つにどう乾燥させるかにこだわる必要があります。ウチの決して良くない塗装環境を少しでも良くするために道具の検討開始です。

Promo-2

近赤外線塗装乾燥機PROMOという道具です。
まだ、検討を始めたばかりなのでどうなるかはまだ分かりません。

sir9810W_01

でも、結構良さそうでした。後は見積の金額ですね。

可愛らしい洗面化粧台

ちょっと可愛らしい洗面化粧台が出来たので投稿します。

洗面化粧台-3

木部は全て節の入ったナラ材で製作しました。水をはじく下処理をしてオイルで仕上げました。

洗面化粧台-2

右側の棚もナラの無垢材を使用しています。

 

お客様たってのご要望に応えた棚です。

腰が悪い人のためのソファ

ソファーを作ってほしいとの依頼を受け、打合せを重ねる中、腰が悪く柔らかいクッションでは耐えられないので何とかならないかとの相談。

椅子のクッションは、ウレタンの硬さの組み合わせで調節が可能なのでいくつか試作を作り話を進める事に。

で、できあがったのが下の写真にあるソファーです。

sofa_2

撮影に行ったタイミングが悪く、また、時間の拘束があったため、コントラストが高すぎて適正露出を見いだせずに、カタチのわかりずらい写真になってしまいました。スミマセン。

ソファ

このくらいのソファーだったら奥行きを850〜900mm程度ほしいところですが、また、置かれる部屋の広さにも制約があったため、奥行きを十分に確保できず設計にかなり工夫が必要でした。

今回は、W2100×D750×H750(SH400)という大きさでデザイン、設計をしました。

ただ、この制約のある環境を逆手にとり、少々座面の高さを高めにし(H400)硬質ウレタンも一番硬いものを選択し、表面の肌触りだけ柔らかい印象を出すために厚さ20mmの軟質ウレタンを膜だけにしました。こうする事で、腰の負担も和らげる事ができ、実際に座って頂いて承認を得、製作に取りかかりました。

手前にある丸っこいテーブルも弊社で製作したテーブルです。素材は、オーク材をチャコールグレー色で染色塗装して仕上げたものです。座る方に引出があり、リモコンや座っていて欲しいと思えるものが一通り入るようになっています。