dAAIWiƋJ

お堂も造るんです

棚からお堂まで乞われればできるものは何でも造ります。

一昨日投稿したお社も含めそれなりの資料をストックし、この地域の文化を繋げたいと考えていた先代。その気持ちは受け継ぎたいと考えています。
ただ、自分には設計する技術はあっても造る技術がありません。資料としてストックし、方法論としてのノウハウは受け継ぐ事ができますが、実際に形にできる職人をどう繋げていくかは大問題です。

農家の裏手のお堂を新しくしたいとの依頼は初めての挑戦であり、クライアントとともにディテイルをつめお互い納得詰めで製作に取りかかりました。試行錯誤しながら採算度外視でやっとできたお堂です。

所詮箱屋とコンプレックスを抱きつつ、それだけではない技術を積み重ねる機会をいただけた事に感謝いたします。

お堂-1お堂-2

神棚に入れるお社です

一位の木で製作した神宮造りのお社です。

平安時代に高山の木工職人が地物に自生している木で笏(しゃくと読みます)を作り献上したものを見て木の中の一位のごとくすばらしいといわれた事から『一位』
と名付けられた木です。

私が25歳頃に高山に行って一位の一刀彫を目にしてその素晴らしさを実感した事がきっかけで、いつかこの木で何か作ってみたいと思っていました。

一位

それが、表んな事から実現するに至り十数年が経ちました。

今回この一位の木を使って作ったのがこのお社です。

お社-2

お社-1

 

 

お社-4