計画することへの実践

デザイナーとしての計画ではなく、経営者としての事業計画の実践です。

事業計画を企画し、計画する練習です。これを、実践する一つの方法として、『小規模事業者持続化補助金』の公募に挑戦してみました。採用になれば補助金がもらえる。一石二鳥の練習です。

公のお金を使わせていただくので、責任が発生します。最後の報告書までしっかり仕上げる義務があるので練習にはちょうど良いです。実は、やりっ放しをいつも母に怒られていたものですから・・・。

とうことで、いろいろ自分の欠点の矯正手段としてやっているともいえそうです。

いずれにしても、お付き合いしている銀行さんから、この公募は、最低レベルの公募だと言われ奮起してみました。

結果は下記の通りです。

写真-3

今回は、建具職人さんを一人増やしたので建具部門を強化すると同時に、従来の木工事業との連携を図るためのアピール方法を充実させるための計画を企画し公募に参加してみました。

今日、依頼しているデザイン事務所から連絡がありいよいよ本格的に進めたいとのこと。

頑張るぞ!

ウチは営業は無し、地元の仕事は全く無しの無い無い尽くしの会社。それでも運営できるようにみんなで頑張ってます。

自分たちの中の本気になれる部分をどう表現できるか。どう表現するか。乞うご期待です!