物干し室の衣類たたみ用カウンター

物干し室なんて初めて聞いたのですが、ここに干しておくと屋内に設置しているナントカという設備で自然と同じ環境が整っており理想的に乾燥するそうです。そんなことできるんですね。

で、うちで作った栓(せん)の無垢板カウンターでたたむとのことで、気持ちよくたたんで頂けるよう天板のみあえてこの材料を採用しました。

栓は白くて素直で、ほどよい堅さでとても肌触りのよい木です。よく偽欅と称して仏壇や和茶箪笥などで使われる木ですが、栓に対して失礼なことです。とっても良い木なのに。

そのときの使用に応じて最適な材種を選ぶのも楽しいものです。こんな提案は、木を実際にいじってないとできない提案だと思いませんか。

写真の右上にあるのはパナソニックのモノホシくんです。

高さは70センチ。車椅子対応です。ちょっと低いですが、そこは工夫するとのことでした。

物干し室の衣類たたみ用カウンター