存在を隠すテレビ台

テレビを見せたくないときもあります。

ちょっと変わった見せない方法。パネルを上下にスライドさせてテレビを隠す方法。上下の扉が連動して開閉します。扉が閉まった状態だとちょっとした飾り棚になります。

周りの環境が窓のため所謂AVボードでは重く感じてしまいます。そこでこんな感じのことを考えました。

AVボード-3

AVボード-2上の写真を見ての通り吹抜の天井まで繋がる大きなトリムも含めAVボードです。ほぼ造作に近い状態です。

上部にあるオブジェは、故横井弘氏の作品です。無名の作家さんでしたが、空間感のある作品が好きでした。

AVボード-1

AVボード-4腰下に最低限の機材が格納できるキャビネットを設置しました。