奥様のスタディーコーナー その2

奥様のスタディーコーナー第2弾。
もちろん、お子様の宿題なんかもここで済ますことができるスペースです。ブラックウォールナット無垢材で天板を製作しています。

無垢材は、良いところを採ろうとすると歩留まりの非常に悪い材料です。逆に言えば、必要な材料の約1.5割~2割程度は多く見越して仕入れ予定を立てることが多くあります。

でも、この余った材料を、悪いところを逆手にとって「味」と考え有効利用しようとすると意外にステキな空間を作ることができるのです。

ここでは、ダイニングテーブルで使用した材の余りを利用してスタディーコーナーを製作した例です。腐っても無垢とでも言いましょうか。無垢材だからできることでもありますね!

奥様のユーティリティースペース