地松を鏡板にした引き戸

建具枠の中に納める薄い板を鏡板と言います。

地元ですくすくと伸びた赤松の板を13mmに挽き引き戸の鏡板にしました。オーナーは、遠い親戚筋で銘木にこだわりのあるおじさんです。時間を見つけてはウチに来てできあがるのを眺めています。

先週の土曜日もズーット居たらしく、ウチの職人さんたちもやりずらそうに仕事をしていたそうです。

でも、居たくなる気持ちも解る気もするなぁ~。だってすっごく良い木目だもの。

鏡板が若干細かったので縦枠がかなり幅広になってしまったのですが、これがまた気に入った様子で、まるで子供みたいでした。

あんなに喜んでいるのを見ると嬉しいものですね。

建具-9

建具-10