和風事務室の全景

とある酒造会社の事務所です。

目の前に展開している木部造作は全て弊社の制作によるものです。
オーナーのお持ちだったオサ格子戸を利用してパーティション兼書棚です。

障子戸

この既存のオサ格子戸の素材が杉材、鏡板が欅の杢目、この関係を因習して全体を構成しました。

手前に見えるのが、受付カウンターです。天板は、書きやすいように本革を張りぐるんでいます。

また、右の壁は、弊社で制作した縦格子状のパーティションです。片開き戸も同じピッチの格子を配し一体感を醸し出しています。奥は応接室です。

souhomare-2