アール型キッチン完成の巻-最終

今回でアール型キッチンの紹介はおしまいです。

最後に隠しアイテムをご覧に入れます。

緊急用のガスコンロです。見た目も大切にしたいし、国産のモノで選択したかったのでリンナイのドロップインコンロを選びました。

今日も台風八号が息巻いてます。これからの時代緊急が日常になってしまうのでしょうか。そんな恐れを抱く不穏な情勢。電気オンリーでは不安です。水だって自家水完備なんです。

DSCN3028

 

 

良ーく見ると天板に切れ込みが入ってるのわかりますか。実はフタなんです。
これをはずすと下のようなコンロが現れます。

DSCN3029

一段下げてガスコンロとして機能するかとても心配でした。一口コンロということもあり何とか熱からの影響をもらわずに済みそうです。この部分だけはt1.5mmのステンレスヘアラインを使用しています。

DSCN3047

 

左は通常の水道水。右は井戸水。手前の凹みの中にあるのは左がコンセント。右は照明のスイッチです。前面の板に直接付けると味気ないので奥ゆかしく欠き込みを入れ一段下げてプレートを付けて頂きました。

これで、アール型キッチンのご紹介は終了です。

アール特有の性格を読み、ルールを決め、その範囲で無理せず配置していけば設計、製作は難しくはありません。天板やアールシンクは多少試行錯誤が必要ですが、二度目からは問題なくきれいなモノができると思います。

私たちは特注屋なので、同じモノを繰り返し作る機会はあまりありません。ただ、そこで経験した事を様々な違う場面で活かしていくことができます。

今回、このような貴重な体験をさせて頂けたこと、設計者様、オーナー様、建設会社様に感謝申し上げます。具体名はあえて避けています。お許しください。

ありがとうございました。

明日はカーテンについてです。